2017年9月15日金曜日

エイリアン:コヴェナント (2017) ALIEN: COVENANT

みてきただ



まさにプロメテウス2
神域に手を突っ込んだ前作のプロメテウスを完全に引き継いだ話になってた。相変わらず人間味あふれるクソ女と正義感ぶったカウボーイ野郎のせいでまんまとエイリアンの術中にはまっていく乗組員。まさに人間とはどういうものかうまく描いている。それを俯瞰視し独自の進化を遂げていくデヴィット。

多分これは見てみないと伝わらないし、馬鹿には見てもわからない作品なのだ。前作のプロメテウスが低評価なのも「理解者」が少なく理解不能なやつらがケチつけているだけなのだ。コヴェナントはそんな理解者の為に作られた映画なのだ。ギーガーデザインも真の意味で「美」に近づいた映像になってる。

フィールドが広くなったせいで、いまいち恐怖感が減ったのは否めないが多彩なアクションを多く挑戦してた。でもエイリアン自体の魅力は薄まってしまった。残念。新たな感染経路として飛沫感染が追加されてて、それもフェイスハガー的感染経路の古臭さが浮き彫りになってしまった。まぁ時代とともに廃れゆくものもあるけどさ、俺はフェイスハガーを愛してるよ。AT-ATが古臭い乗り物になってしまっても愛しているように。

プロメテウスが100疲れたとすると
コヴェナントは80疲れた 相変わらず体力がいる。
今回はプロメテウスの補足説明箇所も多くラクだった。

理解者には☆5.0でおすすめできるが理解できない馬鹿には☆3.0くらいなので足して2で割って☆4.0じゃ。理解者が少ない事に俺は憤りが隠せなかったが、今では俺もデヴィットのように人類を俯瞰視できていてとても共感力がある素晴らしい映画だ。

2017年9月2日土曜日

関ヶ原 (2017)

みてきただ。

良かったところ


  1. 岡田くんかっこいい!
  2. 有村架純くそかわいい!
  3. 役所広司のデブ特殊メイクくそきもい!
  4. 戦国歴史ファン憤慨の必見映画


くらいかな。以下クソ叩き

見せ所なし!岡田准一の為に作られたイケメン映画!!

直江状も、島津の退き口も、長政の羽織も、柿は胆の毒も、すべて無い。ナッシング。皆無。石田三成をいかにイケメンにするかにクローズアップされた映画に他ならない。そのために架空の女忍び初芽(有村架純)を用意し色恋沙汰まででっちあげる始末。

役所広司のキャラ付けされていない徳川家康

相対的に敵役の徳川家康にどういう味付けをするかで、その映画の方針ってもんがわかるというのに、無味無臭。たぬき爺を描こうとはしているのだけど、本がたぬきと書いていない。無骨で非情の鬼とも書いていない。たんたんと腹だけ特殊メイクで太らされた役所広司がそこにいるだけなのだ。(顔はいつもの肉の落ちた役所広司のまま)もうこれは作り手側に家康愛がないとしかいいようがない。

関ヶ原合戦シーンも単調

カメラワークも横からの映像ばかりで、とても二十万以上の大軍がいるような映像とはとても思えない。本も戦場に大谷刑部と金吾と島津しかいないような脚本になってる。もっとCGを多用して数を盛ったり、俯瞰映像を用いて今何が起きているかとか映像で語るべきだろう。

また、火縄銃の兵士が槍の間合いまで突撃しタイミングよく発射するなどすっとぼけた殺陣があったり、槍衾も統制がとれておらず農民の喧嘩としかおもえない。もうちっと殺陣ってもんを理解すべきだろう。どうせそこまでフィクションでいいなら波動拳の一発や二発うっとけっての。そういう気概も見受けられない。やる気がない。そういうことだろう。

本が見る側の知識を頼り、モノローグで説明する愚かな脚本

徳川家康が唐突にかご作りはじめて「これは母衣じゃ」と作ったかごを背負って部屋を走りだす。知識がないと家康が奇行に走り始めた???とも思うだろう。ある程度の戦国知識を要求するくせに、ナレーションが「で、あった。」とモノローグでシーンを終える所も多く不親切極まりない脚本だった。映画というものは映像でその説明をすんなり受け入れさせるためにあんだろうが!ボケ!

戦国歴史が好きでたまらない人が戦国映像を渇望してやまない状況のみ☆2.0でおすすめします。そのくらいの点数はつけてもいい。でも有村架純くそかわいいから許す。

2017年8月26日土曜日

ワンダーウーマン (2017) WONDER WOMAN

みてきただ

舞台は第二次世界大戦

剣と盾vsWW(World War)兵器という前代未聞の映像に俺は心震えた。常識的に考えれば圧倒的に不利なのにめっちゃ強い!めっちゃ無双!めっちゃオーバーキル!機銃で撃たれても榴弾ぶちこまれてもお構いなしに突き進むダイアナかっこよすぎ。


アクションはまさにゴッドオブウォー

ダイアナの無双っぷりが半端なさすぎ。冒頭のアマゾネス軍団vsドイツ兵のくだりも、これほど爽快なバトルシーンは嘗てあっただろうかと思うほどにすごかった。感動した。形容するとアベンジャーズ総出でもあれは勝てない。DCの立ち位置も少し見えてきた。リアリティは捨てて圧倒的オーバーキルを売りにしていけばマーベルにも勝てる!つか昔のDCはそうだったのかもしれんが。

2時間の尺に詰め込まれたボリュームある話

幼少期~旅立ち~戦い~覚醒という圧倒的ボリュームを2時間という尺で無駄なくエンターテイメントとして完成させている。まったく無駄がなく完成度マジ高い。感動した。

今の時代に即したキュートさもあるダイアナは完全に新生したワンダーウーマンと言えよう。

これは文句ない☆5だわ。めずらしくパンフも買っちゃったよ。ステッカーもかっこいいから買っちゃった。

2017年8月13日日曜日

スパイダーマン:ホームカミング (2017) SPIDER-MAN: HOMECOMING

みてきただ。

曖昧にされてきた設定

今まで「過去のスパイダーマン」を踏襲して磨いてきたスパイダーマンなんだけど、アヴェンジャーズやデッドプールなどの絡みを考えると結構宙ぶらりんのまま造られてきてしまったのを今回のホームカミングでバシッと「今までのナシ!これがスパイダーマン!」とガッツリ説明しまくってる映画。これ見ないと今後ダメだよ。


設定されたことで見えてきた「真なるキャラクター」


  1. さらに強化された童貞感
  2. トニースタークとの萌え師弟関係
  3. キャプテンアメリカを子馬鹿にするつもりはないけど草生やす
  4. 椅子の男やハッピーと言った脇を固める主要キャラクターの登場

まぁ簡単にまとめただけでも、これだけ追加要素がある。デッドプールとの絡みの為に用意されたかのような負けないキャラクターが造られているのだ。

シナリオも全体的にカジュアルにまとめられていてこれからのスパイダーマンはこうだってのを見せつけられた

Facry3のバース役マイケル・マンドゥが次回作に登場

マイケルマンドゥがクレジット映像に出てきた時は吹いたね!

この狂ったキャラクター性をスパイダーマンで次回見れると思うとwktkが止まらないんですけど!w というわけで今回のホームカミングは必ず見ないとダメだ。必修なので☆5.0だよ。

あとクレジット前で帰る出の村の出身の奴が未だに多い。マーベルモノはすべてエンドクレジットに映像あるってことを知れよ。

※スタンリー出たがりの件は割愛

2017年8月12日土曜日

山の日 道の駅奥久慈だいご

山の日だったので山いってきた。ひとりで。


AM6:30
道の駅で朝飯食おうと出発

AM8:00
下道で城里町辺りを通過。このくらいの時間から車増える。

AM8:30
道の駅奥久慈だいご 到着。

土浦から99㎞!


写真の3倍くらい、山々しい所です。1時間峠道を越えないとこれない町なんだよ…。

食堂は11時からで朝飯食えず。しかたなくお土産買って休憩し帰路へ

  • 桃2個 300円
  • さしみこんにゃく 400円くらい
  • アップルパイ 300円くらい(煮たリンゴが入ってて、ヤマザキパンのアップルパイよりアップルパイしてる)
ここの道の駅には温泉(500円)もあるがそれも11時から
わざわざ赤字の太字にするくらいのショックがあった。

AM10:00
とりあえず帰路につきつつ朝飯食おうとつらつら峠道戻りつつも、やってんのかやってないのかわからない店だよなー、ココス・すき家でめし食うのもなんか違うよなーと高速乗ってしまった。
友部SAでチキンカツカレー(870円)
いやいや、こういうシンプルなの食いたかったんだよ。できれば道の駅で。

連休どこにも行かないとそれはそれで、休みの後の達成感がないのででかけてよかった。
達成感は往復5時間超走ったのでそこそこある。

2017年7月30日日曜日

ライフ(2017)life 糞ネタバレ

ネタバレ注意

ライフのオチがホントに秀逸だったので、後で見て笑うように個人的にまとめとく
宇宙船を破棄して、小型脱出ポッドAとBで脱出を試みる。

Aポッドはカルビンくんと男が乗り、宇宙の果てに飛んでいき道連れにする。
Bポッドは女が乗り、地球に帰還する。

女は葛藤しつつも決意して脱出。


んでオチがこれだよwww
それで最悪の結末からエンドクレジットが始まるんだけど
こんなおふさげミュージック流されたら笑うしかねぇじゃんwwww
あー今思い出しただけでもクソおもしれねぇwwww

ネタバレついでに

カルビンくんの活躍もまとめられてたのでメモ

ライフ (2017) LIFE

みてきただ

完全なるギャグ映画

いやーこれ完全なるギャグ映画でしょ。かわいいクリオネちゃんモドキの火星生命体に襲われるスペースホラーでガン押ししてくるけど、最期のオチからエンドロールの流れは、「映画は黙ってみる」をモットーにしてる俺が吹き出したよ!エンドロール中ずーっとニヤニヤしてたしw 漫☆画太郎クラスのギャグだねこれは。その為に用意された1時間30分の前フリスペースホラー。そういう映画だよこれは。



1時間30分はカルビン君の活躍を見よう

火星単細胞生物として発見されたカルビンくん。与えられたブドウ糖を摂取すると、爆発的に細胞増殖し個体形成する。クリオネ+イカ+フェイスハガーのような造形をしていくんだけど、これが宇宙空間でとても理にかなってるんだよね。海のように無重力空間を飛んでいくのに非常に適していて「あぁ足なんてやっぱ飾りなんだな」と再認識させてくれる。ねずみ捕食シーンとか結構グロいんだけど、未知の映像でなかなか感心させられる。

シナリオは「押すなよ 絶対押すなよ(今押して)」

学者がホントに宇宙飛行士の訓練受けたのかってくらい情緒不安定だったり、子供が生まれて絶対帰るんだと死亡フラグ勃起しまくったり、ベッタベタのシナリオなんだけど、このベタベタのスペースホラーをすることで最後のギャグに辿り着くという巧妙な仕掛けなのだ。

総括

なにげに最近、段取り踏んだ映画ばっかだったのでこういう意外性をみせてくれる映画ってとてもありがたい。監督相当性格ひねくれてて、そこにも「おまえは俺かwwww」と共感させてくれた。☆4.0差し上げたいと思います。あ、言い忘れてたけど真田広之でてるよ。