2017年12月22日金曜日

ふとんの王国斎2017映画評 アカデミー賞 ラズベリー賞

今年見てブログに書いた評点をまとめてソートしランキング化してみた。

1位ブレードランナー 2049 ☆5.0 
1位ワンダーウーマン5.0 
3位LOGAN/ローガン4.5 
4位キングコング:髑髏島の巨神4.4 
5位ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス4.2 
6位スター・ウォーズ/最後のジェダイ4.1 
7位ゴッホ 最期の手紙4.0 
7位エイリアン:コヴェナント4.0 
7位ライフ4.0 
10位ジャスティス・リーグ3.8 
10位キング・アーサー3.8 
12位SING/シング3.6 
13位パワーレンジャー3.4 
14位メッセージ3.0 
15位破裏拳ポリマー2.5 
16位関ヶ原2.0 

最優秀はブレードランナーとワンダーウーマン

これはもう今年最高の映画と言ってよいと思う。ブレードランナーのデザイン的世界観を継承しつつ現在における妄想テクノロジーSFを踏んだに盛り込んであり、今の時代に見事に復活させた。ワンダーウーマンは想像以上のオーバーパワー+ダイアナのキュートさでDCコミックのキラーコンテンツを今の時代に深津させたと言ってよいだろう。

なにげに今年の映画はスターウォーズしかり、キングコングしかり復活の年だったのかもしれない。

注目すべきは7位 ゴッホ エイリアン ライフ

3位~6位はまぁまぁ妥当な格付けになってると思う。しかし7位代、ここら辺は加点する際悩ましく悩んだ作品が並んでいる。すんげー面白いんだけど万民受けしないだろうからおすすめできないけど俺ン中では☆5.0なんだよってゾーンだと思う。その中でもライフ。これはエイリアンのパクリだのなんだの言われてるけど、エイリアンリスペクト世界の中に生まれたブラックユーモア作となぜわからないのだ。この映画はギャグ漫画であり、藤子不二雄Aなのだ。

7位代こそ俺が好きなエッジの利いた映画が詰まってる。

メッセージは誤審 他はクソ

なんでこんな点数つけたんだろう?メッセージ今思えば4.0つけてもいいと思うんだけど、ログを見ると万民受けとか考えて減点してるんだな。もうねリドリースコットは義務だからメッセージもセットで見ろよ。ブレードランナーの監督が撮ってんだからよ。義務だよ義務。

他の日本の映画は全部クソでした。☆3.5以下は全部クソです。アマプラでスキップしながら見ましょう。


それでは来年も良い映画がみれる事を期待しつつ2017総括を終わります。

2017年12月15日金曜日

スター・ウォーズ/最後のジェダイ (2017) STAR WARS: THE LAST JEDI

みてきただ


レイア姫クソ強い
BB8無双
ルークへたれ
カイロレンクソへたれ

しかしまぁなんだ過去の象徴としてのスターウォーズとこれからのスターウォーズとのせめぎ合いだよ。帝国の艦船は古いままなんだけどレジスタンスの艦船は超近代デザインで相当に違和感ある。まぁそれがシンボリックvsニューテクノロジーという面白味があったりするんだけれども。

しかしカイロレンくそへたれだよなーーー ポストベイダーこれでいいんかよーーーー帝国の組織図設定曖昧すぎるだろ。とツッコミどころも多いんだけどまぁレイがまともすぎるからいいか みたいな。スターウォーズを見るのは義務なので星をつけるのは野暮だけど☆4.1くらい。異星人・クリーチャーの旨味がうまく引き出せてないので少し低め。まぁ今回はルークの話にオチをつける説明回だからしょうがないんだけれども。

2017年12月3日日曜日

ジャスティス・リーグ (2017) JUSTICE LEAGUE

みてきただ。

ぶっちゃけるよ。
スーパーマンでてくんじゃねぇか!宣伝で全く出てこねぇから出てこねぇもんだとばかりずっと思ってたよ!出てくるなら迷わず鼻から見たよ!売る気ねぇだろJC!!!!

スーパーマン今回はでてこねぇのか…と今日の今日までずっと迷ってたよ...。

よかったよスーパーマン。ワンダーウーマンも強かった。あとはしょっぱくてスーサイドスクワットの二の舞だった。ちょっと言い過ぎた。フラッシュはよかったよ。ジャスティスリーグの潤滑剤としてキャラも生きてた。バットマンは金持ちのヘタレ受けとして。


映画ワンダーウーマンでオーバーキルで押すことがJCの命題となるだろう と俺が言った後での今回の作品だったんだけど、まぁまぁ及第点はあげてもいいかなと思うんだけど、サイボーグとアクアマンおめーらもう少し仕事しようや。あと敵!なんか悪の美学の説得力薄いわ~ 太古からくればなんでもいいってもんじゃないんだよ。最近の流行りなのはわかるんだけどサ~ もう少し説得力のあるプレゼンしないと客も納得しないよー。

スーパーマンとワンダーウーマンはオーバーキル発揮できてたので及第点!また次回頑張ろう!反省会はこれで終わりです。点数的には☆3.8差し上げてもよろしいかとおもいます。あと広報てめぇ関係ねぇツラしてっけどおめーも問題あるからな。スーパーマン匂わせねぇでどーすんだよ。正座しとけよコルァ。

2017年11月11日土曜日

ゴッホ 最期の手紙 (2017) LOVING VINCENT

見てきただ。



ゴッホは我が心の隣人であり友人だ。
と、常日頃から思っていてそれ相応の思い入れがある人物の映画。

すべてのアニメーションを100人以上の絵描きが油絵で描いてるという触れ込みだったんだけど、俳優のビデオを模写していくという手法だったので、やたら生い絵が動いているという不和が生まれて三次元と二次元が融合してドラッグでもやってんのか????みたいな心持ちになっていく。その不和とゴッホの死を第三者の視点から眺めていく。と行ったような映画に仕上がっている。

そして、明かりの灯火に漫譜が描かれたり、歩く猫をなぜシルエットだけで描いているのかが理解できないとただのゴッホの死説明映像になってしまうだろう。あるものはつまらない、あるものは傑作だというだろう。そして俺が傑作と言ってしまったのであるものは傑作だというだろう。そういうのが本当に嫌いなので、自分なりのアンテナでこの映画を感じ取ってほしい。世の中にある絵すべてについてホントにそう思う。

この作品は☆3.0であり☆5.0でもあるので割って☆4.0です。
☆3.0は俳優のビデオ映像の模写で生い所。すべてを創造物で見たかった。
☆5.0はその生い不和映像がとてもゴッホのテーマに即している所。
そしてすべてを創造物で描いていたら多分☆1.0になっていたとおもう。

練られたよいアニメーションだった。
しかしなんだ英語の題名loving vincentなのな。こっちの方がしっくりくるわ。

2017年11月4日土曜日

ブレードランナー 2049 (2017) BLADE RUNNER 2049

みてきただ。



キチガイ染みた生命へのアンチテーゼに酔いしれた。
生きている事すら疑問に思えてくるすばらしい作品に仕上がってる。

また旧作へのリスペクトに対しも丁寧に踏襲しつつ、いまある技術を使って
再現昇華が果たされている。

ネタバレはあんま深く書きたくないんだけど、レプリカントの恋人がホログラムというなんとも儚い設定も相当に味わい深い。そんですごい可愛い。あぁ愛でたい。

ハリソンフォードは爺化がはんぱなくて走る姿のヨボヨボっぷりがやばかったが、今回の作品に出れたのは役者人生の良い道標になったと思う。

なにしろ未知の映像をこれでもかってくらい押し付けてくるので、ずーっと感心してみてたし二時間超えてもまだまだ見たい。もっとくれ!って感じだった。

☆5.0

ハリソンフォードの寿命とライアン・コズリングへのバトンタッチが今後の作品でどのようになって行くか割とみもの。これも生命へのテーマといえるだろう。

2017年9月15日金曜日

エイリアン:コヴェナント (2017) ALIEN: COVENANT

みてきただ



まさにプロメテウス2
神域に手を突っ込んだ前作のプロメテウスを完全に引き継いだ話になってた。相変わらず人間味あふれるクソ女と正義感ぶったカウボーイ野郎のせいでまんまとエイリアンの術中にはまっていく乗組員。まさに人間とはどういうものかうまく描いている。それを俯瞰視し独自の進化を遂げていくデヴィット。

多分これは見てみないと伝わらないし、馬鹿には見てもわからない作品なのだ。前作のプロメテウスが低評価なのも「理解者」が少なく理解不能なやつらがケチつけているだけなのだ。コヴェナントはそんな理解者の為に作られた映画なのだ。ギーガーデザインも真の意味で「美」に近づいた映像になってる。

フィールドが広くなったせいで、いまいち恐怖感が減ったのは否めないが多彩なアクションを多く挑戦してた。でもエイリアン自体の魅力は薄まってしまった。残念。新たな感染経路として飛沫感染が追加されてて、それもフェイスハガー的感染経路の古臭さが浮き彫りになってしまった。まぁ時代とともに廃れゆくものもあるけどさ、俺はフェイスハガーを愛してるよ。AT-ATが古臭い乗り物になってしまっても愛しているように。

プロメテウスが100疲れたとすると
コヴェナントは80疲れた 相変わらず体力がいる。
今回はプロメテウスの補足説明箇所も多くラクだった。

理解者には☆5.0でおすすめできるが理解できない馬鹿には☆3.0くらいなので足して2で割って☆4.0じゃ。理解者が少ない事に俺は憤りが隠せなかったが、今では俺もデヴィットのように人類を俯瞰視できていてとても共感力がある素晴らしい映画だ。

2017年9月2日土曜日

関ヶ原 (2017)

みてきただ。

良かったところ


  1. 岡田くんかっこいい!
  2. 有村架純くそかわいい!
  3. 役所広司のデブ特殊メイクくそきもい!
  4. 戦国歴史ファン憤慨の必見映画


くらいかな。以下クソ叩き

見せ所なし!岡田准一の為に作られたイケメン映画!!

直江状も、島津の退き口も、長政の羽織も、柿は胆の毒も、すべて無い。ナッシング。皆無。石田三成をいかにイケメンにするかにクローズアップされた映画に他ならない。そのために架空の女忍び初芽(有村架純)を用意し色恋沙汰まででっちあげる始末。

役所広司のキャラ付けされていない徳川家康

相対的に敵役の徳川家康にどういう味付けをするかで、その映画の方針ってもんがわかるというのに、無味無臭。たぬき爺を描こうとはしているのだけど、本がたぬきと書いていない。無骨で非情の鬼とも書いていない。たんたんと腹だけ特殊メイクで太らされた役所広司がそこにいるだけなのだ。(顔はいつもの肉の落ちた役所広司のまま)もうこれは作り手側に家康愛がないとしかいいようがない。

関ヶ原合戦シーンも単調

カメラワークも横からの映像ばかりで、とても二十万以上の大軍がいるような映像とはとても思えない。本も戦場に大谷刑部と金吾と島津しかいないような脚本になってる。もっとCGを多用して数を盛ったり、俯瞰映像を用いて今何が起きているかとか映像で語るべきだろう。

また、火縄銃の兵士が槍の間合いまで突撃しタイミングよく発射するなどすっとぼけた殺陣があったり、槍衾も統制がとれておらず農民の喧嘩としかおもえない。もうちっと殺陣ってもんを理解すべきだろう。どうせそこまでフィクションでいいなら波動拳の一発や二発うっとけっての。そういう気概も見受けられない。やる気がない。そういうことだろう。

本が見る側の知識を頼り、モノローグで説明する愚かな脚本

徳川家康が唐突にかご作りはじめて「これは母衣じゃ」と作ったかごを背負って部屋を走りだす。知識がないと家康が奇行に走り始めた???とも思うだろう。ある程度の戦国知識を要求するくせに、ナレーションが「で、あった。」とモノローグでシーンを終える所も多く不親切極まりない脚本だった。映画というものは映像でその説明をすんなり受け入れさせるためにあんだろうが!ボケ!

戦国歴史が好きでたまらない人が戦国映像を渇望してやまない状況のみ☆2.0でおすすめします。そのくらいの点数はつけてもいい。でも有村架純くそかわいいから許す。